子供の頃の鉄道好きが復活した

鉄道乗車記などを中心に書いていきます。

奥多摩の鉄道遺構①かつて奥多摩湖を渡っていたロープウェイがあった!

こんにちは。

 

車のタイヤを新しくし、その性能を確かめに奥多摩に行ってきました。

今回お送りするのは、その際に見てきた、

奥多摩に今も残る廃線跡を見てきたというお話です。

 

40年以上前に休止になったロープウェイの跡が今もはっきりと。

今回見てきたのは、奥多摩湖の湖上を渡るように結んでいた、

川野ロープウェイの廃線跡です。

 

川野ロープウェイは、1962年から1975年まで、

川野駅と三頭山口駅を結んでいたロープウェイだそうです。

私が物心ついていた時には既に無かった事になります。

 

その片方の駅・三頭山口駅の遺構を見てきました。

 

駅はおろか、ロープウェイの車両もそのまま!

f:id:hacchi46:20201208180849j:plain

奥多摩周遊道路の川野駐車場から上を見ると、駅が見える

場所は、国道139号線から奥多摩周遊道路に入ってすぐのところ、

川野駐車場のすぐ上に見えます。

 

車両がそのまま放置されています。

 

 

道路脇には駅の跡の方に登る階段があり、近づく事が出来ました。

 

f:id:hacchi46:20201208181328j:plain

ドアが開いたままの車両。駅名の看板も奥に見える。

一応このロープウェイは廃止ではなく、休止中扱いという事ですが、

とりあえず何も片付けずにそのまま降りてきた感もありますね。

おそらく利用者の低迷で休止という事になったのでしょうが・・。

 

駅だけでなく、ロープも張ったままになっている。

f:id:hacchi46:20201208181925j:plain

ロープも湖を渡るように張られたままに。

駅からは、ロープが湖の反対側の川野駅に向かって張られています。

40年以上も使われていないながらそのままというのもすごいですね。

 

f:id:hacchi46:20201208182407j:plain

川野駐車場付近。橋脚とロープが今も残っている。

ドライブでこの辺りを通ることは昔からありましたが、

今まで気づかずにいました。

こんなに奥地になぜロープウェイをつくったのだろう?と、

疑問に思うようなところにありますが、

現に出来て4年ほどしかきちんと動いていなかったようです。

 

 

奥多摩も、箱根のような観光地を目指していたのでしょうかね?