子供の頃の鉄道好きが復活した

鉄道乗車記などを中心に書いていきます。

普通列車日本最速!130km/hで走る常磐線E531系

こんにちは。

前回に引き続いて、大回り乗車グリーン車に乗る旅です。

茅ヶ崎から快速アクティーに乗り、品川で下車です。

 

 

常磐線こだま号!上野~土浦1時間で結ぶ特別快速

次に乗り込むのは、青いラインの常磐線の電車。

 

土浦行きの特別快速です。

f:id:hacchi46:20201201121358j:plain

休日お昼の品川駅に停まっている特別快速には、

ほとんどグリーン車にお客さんはまだ乗っていませんでした。

f:id:hacchi46:20201206002334j:plain

 

f:id:hacchi46:20201206002439j:plain

グリーン車の1階は、E231系と同じく赤紫のシート

空いていたので、発車する前からお弁当を開けて食べる事にしました。

f:id:hacchi46:20201206002823j:plain

八王子駅で買った、チキン弁当

八王子駅で買っておいたのですが、

品川駅のエキュートにはおいしそうなお弁当がたくさん・・

失敗した~と思いましたが、これはこれでおいしかったです。

 

(品川駅のエキュートでは、この後乗り放題パスの旅の時にお弁当を買いました。)

noritetsu46.hatenablog.com

 

上野~土浦1時間。つくばエクスプレスに対抗して誕生した、特別快速

f:id:hacchi46:20201206003339j:plain

品川を出発。同じ常磐線のときわ号も品川に。

今回乗車した特別快速は、2005年に誕生した比較的新しい種別です。

日中の時間に1時間に1本、品川~土浦間で運転されています。

この頃開通したつくばエクスプレス線が秋葉原~つくばを45分、

最高速度130km/hで運転するのに対抗したものだと思われます。

 

常磐線の快速の停車駅に対し、三河島・南千住・我孫子・天王台をさらに通過します。

かつてはターミナル駅の北千住も通過していました。

f:id:hacchi46:20201206005237j:plain

上野駅グリーンアテンダントさんが乗務を待っていた。

快速と普通が混在したややこしい歴史

常磐線快速には、取手までの運用のE231系と、

取手以北まで行く交直両用のE531系があり、

グリーン車がついているのは後者のみです。

今でこそ品川~取手間はどちらも「快速」と表示されますが、

かつては取手までの電車が「快速」、取手以北への列車が「普通」と表示され、

しかも2004年に停車駅が統一されるまでは、

「快速」より「普通」の方が停車駅が少ないというややこしい事になっていました。

f:id:hacchi46:20201206004555j:plain

取手までの快速に使用されるE231系

常磐線は上野~北千住までは快速線のみで、

北千住から(正式には綾瀬から)各駅停車が加わり、取手まで複々線です。

f:id:hacchi46:20201206004907j:plain

常磐線各駅停車と併走(東京メトロ車)

取手を過ぎると、時速130kmで走る区間が!

複々線区間も110km/hほどで飛ばしていましたが、

取手を過ぎ、藤代付近では特急列車も顔負けの時速130km/hに迫る速度で走ります。

f:id:hacchi46:20201206005737j:plain

時速130km制限は、特急と同じ。

最高速度は同区間を走る特急「ひたち」「ときわ」と同じです。

これは特別快速に限らず、他の普通列車も同じです。

出すスピードは同じという事で、常磐線での位置づけは

東海道新幹線の「こだま」のようです!

 

 

上野から1時間で終点の土浦に到着です。

f:id:hacchi46:20201206010410j:plain

 

ここから友部まで行くので、さらに次の列車を待ちます。

そう、ここで降りる時にも、Suicaのタッチは忘れないように♪

 

上野駅を特快の3分後に出た普通勝田行きが、16分後に到着。

次に来たのは、普通勝田行き。

乗ってきた特別快速の3分後に上野を出た列車です。

到着して16分後の到着なので、特快はそれなりに速いのだなという事ですね。

f:id:hacchi46:20201206010917j:plain

今回は特快に乗るためにこうしましたが、

快速アクティーを上野まで乗れば、この列車に始発から乗れます。

 

 

グリーン車は見る限り誰も他にいませんでした。

なので、今度は平屋の部分にしました。

f:id:hacchi46:20201206011645j:plain

グリーン車の平屋部分。

f:id:hacchi46:20201206011847j:plain

2階建て部分には無い、荷棚があります。

天井は高いのですが、空間自体が座席2~3列分しかなく狭いので、

そこは好みが分かれるところですね。

 

土浦で乗ってから降りるまで、アテンダントさんが来ませんでしたが、

この区間は前乗った時も来ませんでした。

乗っていないのでしょうかね?

 

 

普通列車は途中高浜駅で特急の待避をする事が多いです。

f:id:hacchi46:20201206012144j:plain

 

 

そんな風に楽しみながら、友部駅に到着です。

 

茅ヶ崎を10:54に出発し、友部に着いたのが14:10という事で

3時間30分・試乗最長のグリーン車乗車になりました。

乗車時間は長いですが、ゆったりとしたリクライニングシートなので

とても快適に普通列車に揺られる事が出来ます。

 

旅の本題・大回り乗車は?

今回のグリーン車乗車は、大回り乗車の一部経路になるので

ここから水戸線で小山に行き、

f:id:hacchi46:20201206013134j:plain

水戸線E531系の車内

小山からは宇都宮線で大宮へ向かい、

大宮からは川越線八高線で拝島まで行き、

f:id:hacchi46:20201206013616j:plain

八高・川越線209系。武蔵高萩駅にて。

これで八王子~拝島間の大回り乗車が完了です。

運賃は210円でグリーン料金も800円と、

1000円ほどでたっぷり1日列車に乗り尽くせます。

今回は小山から大宮に戻りましたが、

両毛線八高線を経由すればさらに大回りも可能ですね。

 

前回でも言ったとおり、グリーン車だけでなく特急も乗れるので、

電車好きな子供さんと一緒に行けば喜ぶのではないでしょうか?

 

という訳で今回は、大回り乗車の旅をお送りしました。

 

 

130km/hでの走行の様子を動画でもどうぞ。

 

こちらの旅行とは別の機会に、常磐線特別快速に乗りながら、

130km/h走行の様子を歩いて観に行ったりもした様子の動画もありますので、

こちらもよかったらご覧ください。

 

youtu.be

 

 

youtu.be

 

 

 

 前編はこちら

noritetsu46.hatenablog.com

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

よかったらクリックをお願いいたします。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村