子供の頃の鉄道好きが復活した

鉄道乗車記などを中心に書いていきます。

信州の列車旅。リゾートビューふるさと乗車記・中

大糸線を走る観光列車・

リゾートビューふるさと乗車レポートその2です。

 

 乗車記・上はこちら

noritetsu46.hatenablog.com

 

今回は穂高から先へ向かいます。

 

北に向かうにつれ、雲が徐々に厚くなってきました。

f:id:hacchi46:20210201212905j:plain

 

 

ちょっと下を向いていた隙に、

急に外が雪景色になりました。

この地域は大町のあたりを境に天気が変わるんですね。

f:id:hacchi46:20210201213112j:plain

一気に雪景色!

ここからは雪景色です。

 

 

高瀬川を渡る際は、列車が徐行運転しました。

f:id:hacchi46:20210201213624j:plain

高瀬川橋梁。

 

橋を渡ると、信濃大町に到着。

f:id:hacchi46:20210201213734j:plain

13時ちょうど、信濃大町に到着。

f:id:hacchi46:20210201213847j:plain

信濃大町では10分間停車

f:id:hacchi46:20210201214050j:plain

 

信濃大町を出ると、どんどん雪が深くなっていきます。

 

しばらくすると、犬神家の一族で有名な木崎湖が見えてきます。

ここは天気が良いと本当にキレイなところなんですよね・・・

今回はちょっと残念・・・

f:id:hacchi46:20210201214726j:plain

雪景色の奥に、木崎湖が見える。

 

木崎湖畔にある稲尾駅・海ノ口駅では運転停車をして、

木崎湖をゆっくり観させてくれます。

f:id:hacchi46:20210201214928j:plain

湖の前で一時停止もしてくれる。

 

佐野坂峠を越えると、

f:id:hacchi46:20210201215556j:plain

白馬村に入ります。

 

スキー場も見えましたが、滑っている人は少なかったですね。

f:id:hacchi46:20210201215646j:plain

 

 

13:42 白馬駅に到着。

 

f:id:hacchi46:20210201215941j:plain

 

f:id:hacchi46:20210201215848j:plain

白馬駅

私はここで降りて、折り返しの列車に乗って帰ります。

 

終点の南小谷まで行かずに白馬にしたのは、

駅の周辺に時間を潰すところがあるからです。

白馬駅の周辺には食堂や喫茶も多くありますし、

ちょっと行くとジャンプ台や日帰り温泉もありますので、

もし行き帰りで乗られる場合は白馬までがいいと思います。

f:id:hacchi46:20210201220538j:plain

白馬駅を出発するリゾートビューふるさと

 

1時間半ほどあるので何をしようかというところでしたが、

駅から歩いても行く事が出来る公共浴場「みみずくの湯」に行く事にしました。

 

f:id:hacchi46:20210201220835j:plain

白馬駅から徒歩10分。みみずくの湯

日帰り入浴の温泉施設で、650円で入れます。

白馬には各所にこのような施設があります。

 

 

みみずくの湯にも以前に何度か行った事がありますが、

この先の八方の湯・郷の湯や、隣の飯森駅近くの十郎の湯なんかは

よく行っていた好きなお湯ですね。

 

 

暖まって白馬駅に戻ります。

ちょっと先に出るあずさ号を撮っておきました。

f:id:hacchi46:20210201221840j:plain

雪景色にもE353系は合う。

 

 

f:id:hacchi46:20210201221706j:plain

 

帰りの列車がやってきました。

f:id:hacchi46:20210201222039j:plain

今度は長野に向けて乗っていきます。

 

 

15:35 白馬を出発

 

f:id:hacchi46:20210201222153j:plain

 

f:id:hacchi46:20210201222319j:plain

今年はなかなか出かけられず、白馬にもまたスキーで来たいところですが・・・

 

 

駅で待っているときにこの列車のパンフをみると、

アンケートに答えるとオリジナルエコバッグをくれると書いてあったので、

列車に乗ってからアテンダントさんに声をかけて、

こちらのエコバッグをいただきました。

f:id:hacchi46:20210201222840j:plain

エコバッグをいただきました。

 

この列車には先頭に展望室があり、運転室の後にちょっとしたスペースがあります。

 

f:id:hacchi46:20210201223557j:plain

f:id:hacchi46:20210201223623j:plain

 

前面展望が楽しめます。

 

大糸線は眺望を良くするため、アルプス側に架線柱を立てていないそうです。

確かにずっと片側にしか架線柱がありません。

f:id:hacchi46:20210201223834j:plain

 

帰りは長時間停車などは無く、

目的地まで送り届ける事をメインに走っていくようです。

 

松本には17:15に到着しました。

松本でも停車は8分間です。

f:id:hacchi46:20210201224348j:plain

松本駅に到着。あずさ号にも乗り継げる。

f:id:hacchi46:20210201224441j:plain

HV-E300系とE353系が並ぶ

今度はこのまま長野まで乗り続けます。

 

 

 

noritetsu46.hatenablog.com

 

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム