子供の頃の鉄道好きが復活した

鉄道乗車記などを中心に書いていきます。

【もうすぐ18シーズン】静岡の快適な移動に使える列車を今一度、まとめてみた①

こんにちは。

 

6月だというのに猛暑日・・・

今年の夏はどうなるのでしょうか?

 

 

もうすぐ乗り鉄が待ちに待った青春18きっぷの夏シーズンが

今年もやってきます。

コロナの外出制限も解除された今年の夏は、

青春18きっぷでどこかに行きたいものです。

 

 

18きっぷでどこかに行くとなると、

やはり本数も多く遠くまで行きやすい東海道線のルートが定番です。

 

 

今年は静岡地区に転換クロスシート車・313系8000番台も導入され、

より普通列車の旅が楽しくなりそうです。

 

 

そこで、静岡地区の移動に使えそうな列車をピックアップしてみました。

 

 

静岡区間の移動に使える快適列車・下り

 

まずは定番ですが、平日だけの運転になってしまった、

ホームライナー浜松3号。

 

こちらは東京15:37発の沼津行きに乗ると、17:41に沼津に着きます。

そして50分の待ち合わせで、

373系車両を使ったホームライナー浜松3号に乗り継げます。

これに乗れば330円の課金で浜松まで座って快適に過ごせます。

youtu.be

 

東京16:27発の沼津行きに乗れば、18:39に沼津に着きます。

19:25発のホームライナー浜松5号に乗り継げます。

 

 

快適な特急車両が最高ですが、どちらも平日のみの運転なのが残念です。

 

土休日は元SL313系8000番台の浜松行きを代わりに使おう!

 

しかし、この時間帯にホームライナーの代わりになる、

快適長距離列車があります。

 

 

18:07熱海発の465M・浜松行きが、

313系8000番台による運用のようです。

 

 

東京16:18発の伊東行きに乗ると、18:03に熱海に着きます。

おそらく反対側のホームに着くので、すぐ乗り継げるでしょう。

 

ただ、席を確保するなら少し厳しいかもしれないので、

313系8000番台

少し早めに熱海に着く列車に乗っていくといいでしょうね。

 

さらに、この浜松行きは沼津で16分停車し、

その間に上述の東京16:27発沼津行きが到着します。

すぐ乗り継ぐ事が出来ます。

 

 

土休日は最強乗り継ぎパターンになる熱海14:13発の浜松行き

 

続いてこちらは、以前の記事でも取り上げたので

そちらをみていただければと思いますが、

 

noritetsu46.hatenablog.com

14:13発の浜松行きはやはり313系8000番台の運用列車ですが、

これは浜松で土休日に限りですが、

17:01発新快速米原行きに乗り継げます。

その後さらに新快速に乗り継げば、網干まで行けます。

東京から姫路まで乗り換えわずか3回で行けます。

乗りごたえありです!

noritetsu46.hatenablog.com

 

平日は乗り換えが岡崎で一回増えますが、

浜松から17:01発岐阜行きの普通列車に乗れば、

岡崎で始発の特快米原行きに乗り継げます。

 

 

午前は、静岡にお昼前に着く2便が快適

 

午前中は東京方面から便利な快適列車は少ないですが、

10:00発の静岡行きと10:33発の島田行きが313系8000番台による運用です。

 

平日は東京を8:00、土休日は8:10に出る普通列車に乗れば、

10:00発の列車に乗れます。

 

10:33発の列車は、特急踊り子3号との連絡がいいのですが、

青春18きっぷの場合は乗れませんので、

土休日8:36東京発の列車に乗れば乗り継げます。

10:33熱海発433M列車の車内

 

313系8000番台は静岡止まりですので、

もしさらに先に行くなら興津で降りて、

12:25始発の浜松行きに乗っていけば、快適なシートが継続です。

775M浜松行き

お昼時なので、清水で降りて駅近の魚市場・河岸の市でランチでもして、

乗っていくといいでしょうね。

youtu.be

河岸の市(写真奥が清水駅方面)

河岸の市「どん福」のどんぶり

 

という訳で、東海道線静岡地区の快適な移動に使える列車・

下り編でした。

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村