子供の頃の鉄道好きが復活した

鉄道乗車記などを中心に書いていきます。

日本で一番豪華な無料特急!京阪8000系に乗る。 大阪~京都~名古屋私鉄特急乗り継ぎ旅①

こんにちは。

 

年末の東京~大阪~徳島旅の続きです。

 

noritetsu46.hatenablog.com

 

今回は難波から名古屋に戻る行程です。

 

難波から名古屋というと、

行きでも使った近鉄特急を使うのが普通ですが、

f:id:hacchi46:20220116214654j:plain

大阪難波駅。特急が30分おきに名古屋に向かっているが・・

構内に入ってひのとり弁当を買って、そして改札を出ます。

近鉄3日間乗り放題きっぷを持っていました)

f:id:hacchi46:20220116215003j:plain

ひのとり弁当

そして向かうのは、御堂筋線なんば駅

なんばから地下鉄に乗って移動したのは、淀屋橋駅です。

京阪電車の始発駅です。

 

ここから京阪電車に乗って京都方面に向かいます。

f:id:hacchi46:20220116215225j:plain

なんばから淀屋橋御堂筋線で3駅。

関東人が驚いた!これが乗車券だけで乗れるの?京阪特急8000系

 

ここでのお目当て列車は、京阪8000系です。

 

f:id:hacchi46:20220116215547j:plain

京阪エレガントサルーン・8000系

数年前、初めて京都で京阪電車に乗った時に、

やって来たこの列車に衝撃を受けました。

こんな列車が乗車券だけで乗れるなんて!と。

f:id:hacchi46:20220116224223j:plain

8000系のプレミアムカー

 

その後、プレミアムカーが追加され、

さらにラグジュアリーな印象が深まりました。

f:id:hacchi46:20220116220527j:plain

プレミアムカーの車内

 

 

8000系の普通車は2ドア転換クロスシートで、

関東だと京急2100形が同じようなシート・ドア数ですね。

f:id:hacchi46:20220116221513j:plain

京阪8000系普通車の車内

f:id:hacchi46:20220116221048j:plain

京急2100形の車内。関東では数少ない転換クロスシート

 

新快速などにも関西では多くみられる転換クロスシートですが、

2ドアだとより豪華さが増しますね。

 

2階建てダブルデッカー車も、追加料金要らず!

そして京阪8000系のすごいところは、

編成に2階建て車両が組み込まれているところで、

f:id:hacchi46:20220116222332j:plain

編成に1両あるダブルデッカー車両

その2階建て車両も追加料金が要らないのだから驚きです!

という事で、今回通算3回目の乗車で初めて2階部分に乗車しました。

f:id:hacchi46:20220116222005j:plain

8000系ダブルデッカーの2階部分

黒のシートと赤のヘッドカバーが高級感を出していて、

乗車券だけで乗れるのが信じられない感じです。

f:id:hacchi46:20220116222803j:plain

快適な一時を無課金で過ごせるお得な列車。

何という太っ腹!

関東の定番2階建てグリーン車も真っ青です。

f:id:hacchi46:20210911015013j:plain

関東の2階建てグリーン車は追加料金あり。
こちらはリクライニングシートでより快適。


どうせなら、2ドアの赤いエレガントサルーン・8000系を選ぼう!

 

ちなみに京阪の特急列車はこの8000系と3ドアの3000系が充てられていて、

どちらもプレミアムカーは連結されています。

f:id:hacchi46:20220116224442j:plain

京阪3000系。こちらは3ドア

f:id:hacchi46:20220116223615j:plain

3000系のプレミアムカー

プレミアムカーに乗るならばどちらでもいいですが、

普通車は乗るとやはり2ドア・ダブルデッカー付の8000系がいいですね。

 

駅の時刻表には2ドア車かどうかわかるようになっているので、

狙って乗る事が出来ます。

f:id:hacchi46:20220116225512p:plain

2ドア車かどうかを見分ける方法も書いてある時刻表。

 

ではこの列車に乗って、京都・丹波橋まで向かいます。

 

f:id:hacchi46:20220116230741j:plain

2階からの車窓。淀屋橋駅を出る

f:id:hacchi46:20220116230925j:plain

地上に出る。左側には大川と天満のビル群。

 

晦日の朝という事で、それほど混んでもおらず、

静かなひとときでした。

f:id:hacchi46:20220117214817j:plain

車内の様子。

JRや阪急に比べて時間がかかる事を逆手にとって、

快適な移動時間を提供してくれています。

f:id:hacchi46:20220117215043j:plain

淀川の左岸を走る。

樟葉の付近で淀川の左岸をしばらく走り、

そして淀川を渡って、

f:id:hacchi46:20220117215320j:plain

淀川の鉄橋(石清水八幡宮~淀)

今度は右岸を走り京都に向かいます。

 

そして淀屋橋から40分で丹波橋に到着・ここで下車します。

近鉄京都線との乗換え駅です。

f:id:hacchi46:20220117215659j:plain

丹波橋に到着・下車

f:id:hacchi46:20220117215823j:plain

f:id:hacchi46:20220117215941j:plain

去って行く姿もカッコイイ!

ここで近鉄に乗り換えて、名古屋に向かいます。

f:id:hacchi46:20220117220206j:plain

京阪丹波橋駅から近鉄に乗り換え

f:id:hacchi46:20220117220357j:plain

近鉄丹波橋駅


丹波橋には近鉄の奈良・伊勢志摩方面への特急も停車し、

京阪からの乗り換え客も利用しやすくなっています。

 

 

ここから乗車するのは、賢島行きの伊勢志摩ライナーです。

 

近鉄の乗り放題きっぷを使っていて、

時間があったので実際は京都駅から乗ったのですが、

丹波橋駅で京阪特急から乗り継ぐ事が出来ます。

f:id:hacchi46:20220117220745j:plain

近鉄23000系伊勢志摩ライナー

f:id:hacchi46:20220117221107j:plain

丹波橋駅に停車中の伊勢志摩ライナー車内



近鉄乗り放題きっぷを使っている中で京阪を使っていきましたが、

410円の運賃を追加して充分ダブルデッカー車を楽しめました。

特急に追加料金を払って乗ったと考えても納得です。

 

次回はこの続き・伊勢志摩ライナーからの名古屋移動です。

 

 

追記:京急プレミアムカーを導入したらどうだろう?

 

京阪8000系には前述のように転換クロスの普通車に加え、

グリーン車・あるいはそれ以上のシートを装備したプレミアムカーが連結されています。

 

関東にも唯一、転換クロスの快特を走らせている京急があります。

最近土休日に「ウイング・シート」という、

一部座席指定の号車を設定し始めたようですが、

あまり評判が芳しくないようです。

f:id:hacchi46:20220117221637j:plain

京急2100形

チケット発売システムがあまり良くないとも聞きますが、

他の車両とシートが一緒で追加料金を払うメリットが無いと感じてしまうのも理由ではないかと言われています。

 

そこで京急2100形にも京阪のプレミアムカーのような車両を設定してみてはどうでしょう?

 

そもそも京急三浦半島という観光地も持っていますし、

品川からは1時間以上かかるエリアもあります。

これまで小田急のように有料特急は走らせてきませんでしたが、

そういう車両を新たにつくるのは難しいとしても、

1編成に1両改造でもつくれれば、結構人気になるのではないでしょうか?

 

あまり特別料金の車両が受け入れられないとされてきた関西でも、

京阪のプレミアムカーは評判が良いようですので、

ぜひ関東でもそんな列車が登場するのを期待したいところです。

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

富士回遊91&92号 E257系5500番台でリニューアル運転!

こんにちは。

今回はお正月にリニューアルして復活した、

土休日運転の臨時特急・富士回遊91&92号の話題です。

 

富士回遊91号&92号、リニューアル車で久々の運転!

 

新宿~河口湖間で運転されている富士回遊号。

E353系あずさ・かいじと併結され、一日3往復運転されていますが、

f:id:hacchi46:20220109205203j:plain

E353系3両編成の、特急富士回遊号定期列車

土休日の多客期を中心に、E257系による臨時列車が運転されていました。

しかしコロナ禍で昨年は運転されていない時期も多かったのですが、

このお正月にめでたく復活!

 

1年前にこの富士回遊号には乗車したのですが、

前回はこちらの車両でした。

f:id:hacchi46:20220109205722j:plain

E257系500番台時代の特急富士回遊91号(相模湖駅

房総特急カラーのBOSOロゴの部分を赤にしたカラーリングが特徴でした。

中央線で土休日のみに見られるレアな車両で、

何度も撮りに行って個人的には好きな車両でしたが、

今回から車両がリニューアルされました。

 

 

今回はこちらです。

f:id:hacchi46:20220109210052j:plain

E257系5500番台の富士回遊91号(八王子駅

昨年秋に塗色や内装をリニューアルして登場した、

E257系5500番台での運転になりました。

 

SERIES E257ギャラリー

 

E257系5000番台・5500番台は、臨時特急や臨時快速に使用する波動用車両として、元々中央線で走っていたE257系や房総で余剰となったE257系500番台を塗色・内装をリニューアルしたものです。

f:id:hacchi46:20220109210821j:plain

E257系 武田菱カラーのオリジナル

 

f:id:hacchi46:20220109211117j:plain

E257系500番台 特急わかしお

 

 

東海道線特急踊り子・湘南用にリニューアルされたものは2000番台・2500番台となり、

f:id:hacchi46:20220109221453j:plain

E257系2000番台

 

f:id:hacchi46:20220109221113j:plain

E257系2500番台 5両編成の踊り子

 

臨時特急・快速用の車両としてリニューアルされたものと分かれ、

白を中心に、緑を基調にした塗色で、外見でわかるよう差別化されています。

既に秋の臨時列車でデビューし、活躍を始めています。

f:id:hacchi46:20220109223033j:plain

昨年秋に運転された、特急あたみ号

f:id:hacchi46:20220109212135j:plain

武蔵野貨物線を走る、ホリデー快速鎌倉号

 

 

富士回遊91&92号・これまでとの変更点は?

 

新たに5500番台となった富士回遊号、

外装が変わった以外の変更点はどこにあるのでしょうか?

 

①内装もリニューアル

f:id:hacchi46:20220109214224j:plain

ビフォー

これまでの内装は房総特急と変わらずでしたが、

f:id:hacchi46:20220109214443j:plain

アフター E257系5500番台の室内

今回は少し落ち着いた雰囲気になっています。

大きな荷物を置くスペースも新たに設置されているようです。

シートはこれまでの房総色のままですね。

という事は0番台からのリニューアル車は武田菱のシート柄なのでしょうかね?

こちらも気になります。

f:id:hacchi46:20220109212445j:plain

非貫通形0番台からのリニューアル車 E257系5000番台

f:id:hacchi46:20220109222802j:plain

E257系0番台の室内



②列車名表示が「特急」から「富士回遊」に!

 

これまでの臨時富士回遊は、先頭の表示が「特急」でしたが、

今回から「富士回遊」と表示されるようになっていました。

富士回遊の漢字表記と、「Fuji Excuesion」の英語表記が交互に表示されます。

 

f:id:hacchi46:20220109215551j:plain

専用表記はなく、「特急」の先頭表示だった。

f:id:hacchi46:20220109215745j:plain

「富士回遊」と今回から表記された。

 

③側面の列車名・行き先表示がされるようになった。

 

これまでの500番台は「特急」もしくは「特急 新宿」と側面表示がされていましたが、今回から「富士回遊」と「富士山・河口湖」と列車名・行き先が表示されていました。

f:id:hacchi46:20220109220236j:plain

側面表示も行き先が表示されるようになった。

 

ひとまず仕事の前に八王子駅で91号を観て、

帰りにも92号を東小金井駅で通過の様子を観てきました。

f:id:hacchi46:20220109221749j:plain

東小金井駅を通過する、富士回遊92号

f:id:hacchi46:20220109221929j:plain

 

色が変わりましたが、中央線ではレアな形の特急列車として、

また走る姿を頻繁にみたいものです。

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

難波~徳島が2,200円!お得で快適!特急サザン&フェリーで行く四国・徳島

こんにちは。

今回は前回までの旅の続き・2日目です。

 

 

noritetsu46.hatenablog.com

 

東京・八王子からあずさ・しなの・近鉄と、

在来線特急を乗り継いで大阪・難波まで行き、

そこからさらに和歌山まで来ました。

 

2日目は和歌山から四国・徳島に向かいます。

 

南海四国ライン!和歌山~徳島片道2時間フェリーの旅

 

旅のスタートは、南海和歌山市駅です。

f:id:hacchi46:20220109002714j:plain

南海和歌山市駅

大阪・なんばからやってくる南海線の多くの列車が終着となるこの駅ですが、

もう一駅先・和歌山港駅まで線路は続いています。

f:id:hacchi46:20220109003026j:plain

特急サザン号(普通車側)

和歌山市和歌山港までの一区間は「南海和歌山港線」という名称で、

船の時間に合わせて列車が運行されています。

f:id:hacchi46:20220109003235j:plain

和歌山港線行が入線。

 

8:13 和歌山市

8:17 和歌山港

 

駅と港が直結!和歌山港

 

この列車に乗って隣の和歌山港駅まで行くと、

そこから徳島行のフェリーが出ており、徳島まで渡る事が出来ます。

f:id:hacchi46:20220109003608j:plain

一駅で終点・和歌山港駅に。電車とフェリーの乗り換えは非常にスムーズ。

駅とフェリー乗り場は連絡通路でつながっており、

ほんの2~3分でフェリーに乗船する事が出来ます。

f:id:hacchi46:20220109003928j:plain

駅と港は連絡通路で結ばれている。



和歌山港から出ているフェリーは南海電鉄のグループ会社・

南海フェリーが運航しているという事もあって、

乗り換えが便利で列車との接続もはかられています。

 

 

電車賃が実質タダ!?電車+フェリーのセット券「好きっぷ」

 

今回このフェリーで徳島に向かうのに使ったきっぷが、

「とくしま好きっぷ」という企画乗車券です。

f:id:hacchi46:20220109005132j:plain

とくしま好きっぷ 2,200円
大阪~徳島最安値の移動手段

 

南海電車南海フェリーの乗車券・乗船券がセットになったきっぷなのですが、

驚くのはその値段です。

 

通常、和歌山港徳島港までのフェリー運賃が2,200円ですが、

このきっぷは南海電車の分を含めて2,200円!

つまり実質電車賃はサービスという形になります。

 

行きは和歌山港から買ったので一駅分の電車賃がお得になったのですが、

このきっぷは難波から(難波まで)買っても同じ値段です。

難波まで900円以上する電車賃がお得になるのです!

 

かつてはこの大阪~和歌山~徳島のルートは四国への主要ルートだったそうですが、

現在は大阪~徳島の移動は明石海峡大橋大鳴門橋経由の高速バスが主流です。

 

バスは所要時間3時間で、対してこのルートは1時間くらい余分にかかりますが、

バスは3,800円なので、2,200円というのは破格値ではないでしょうか?

個人的には狭いバスより広くて快適な列車&船の方がいいですね。

 

8:30 南海フェリーかつらぎ 徳島港行き

 

電車を降りて10分ちょっとで出発です。

甲板の上は強風で寒かったですが、

船の旅の醍醐味はやはり外に出て景色を楽しめるところですね!

f:id:hacchi46:20220109010525j:plain

和歌山港を出航

f:id:hacchi46:20220109010645j:plain

対岸は淡路島


行きに乗った「かつらぎ」は、

ちょっと船内が狭かったようでした。

f:id:hacchi46:20220109010919j:plain

病院の待合室のような船内座席

椅子席はここだけで、あとは前にカーペットと机の席が少しある位です。

 

 

f:id:hacchi46:20220109011144j:plain

和歌山行き「あい」とすれ違う。

 

f:id:hacchi46:20220109011216j:plain

大鳴門橋をのぞむ

 

所要時間は約2時間です。

風は強かったですが内海なので船はほとんど揺れません。

f:id:hacchi46:20220109011456j:plain

徳島が近づいてきた。

 

10:35 徳島港到着

 

f:id:hacchi46:20220109011613j:plain

徳島港に接岸。

 

徳島港から徳島駅方面はバスが出ており、30分弱で着きます。

 

f:id:hacchi46:20220109011806j:plain

徳島駅

 

徳島県に初上陸です。

自身43都道府県目の訪問になります。

f:id:hacchi46:20220109012805j:plain

徳島市

ここから夕方の帰りまでどこに行こうかと考えて、

鳴門に行ってみる事にしました。

列車とバスを乗り継いで行きます。

f:id:hacchi46:20220109012320j:plain

徳島駅にて

f:id:hacchi46:20220109012638j:plain

鳴門駅

鳴門公園からの景色は絶景でした!

f:id:hacchi46:20220109012457j:plain

鳴門公園からの大鳴門橋

バスで徳島に戻り、昨日に続いてラーメンを食します。

f:id:hacchi46:20220109012937j:plain

徳島ラーメン「麺王」のラーメン

 

徳島~大阪 和歌山港直結・特急サザンの指定席で帰る

 

徳島港に戻り、帰りのフェリーに乗ります。

帰りも好きっぷを使います。

帰りは難波まで行きます。

 

18:55 南海フェリーあい 和歌山港行き

 

f:id:hacchi46:20220109014131j:plain

帰りは夜の船旅

帰りは夜の海を進みます。

f:id:hacchi46:20220109014330j:plain

 

あいの船内はかつらぎよりは広く、

先頭部分に椅子の客席が設けられています。

f:id:hacchi46:20220109014459j:plain

あいの一般席

なお、どちらの船も500円ほどでグリーン席にも座る事が出来ます。

 

 

21:05 和歌山港

 

f:id:hacchi46:20220109014650j:plain

和歌山港に到着。奥に駅が見える。

 

 

和歌山港に到着し、ここからは列車に乗っていくのですが、

この船に接続する列車は、難波行きの特急・サザン号です。

 

 

ロングシート車4両+リクライニングシート4両のカオス特急・サザン

 

f:id:hacchi46:20220109014948j:plain

特急サザン10000系

難波と和歌山を結ぶ南海特急サザンは、その編成が独特です。

運賃だけで乗れるロングシートの普通車4両と、

座席指定料金が必要なリクライニングシートの車両4両が併結された8両で運転されています。

 

f:id:hacchi46:20220109003026j:plain

サザンの難波寄りはロングシート

f:id:hacchi46:20220109015804j:plain

和歌山寄りは座席指定車

 

特別料金が必要な車両が連結されている列車は他にも

名鉄の特急やJR東日本普通列車グリーン車などがありますが、

それぞれ特別車両の割合は普通車に比べて少ないです。

名鉄は6両のうち2両、JRのグリーン車は10・15両のうち2両)

しかし南海サザンは割合が1:1です。

普通車がいつも混雑しないのでしょうか?

 

どちらかというと、特急列車に普通の車両を付けて走っているような感じなのでしょうかね。

 

21:25 特急サザン64号 難波行き 

 

サザンの特急券は、ネットでも買うことが出来るので、

船に乗る前にこの列車の予約をしておきました。

和歌山市~難波は520円と料金もお手頃です。

 

20分ほどの連絡で、和歌山港を出発します。

f:id:hacchi46:20220109020536j:plain

特急サザン指定席車内

 

サザン号は難波~和歌山市をほぼ30分おきに運転されている阪和特急ですが、

一部の列車が和歌山港まで運転されていて、フェリーに連絡しています。

 

f:id:hacchi46:20220109021232j:plain

 

和歌山港行きのサザンは四国連絡特急の役目を果たしています。

平日は3往復、土休日は2往復が和歌山港まで直通します。

 

和歌山港発着サザン号&接続フェリー一覧

 

平日(下り)

サザン9号 難波9:10 和歌山港10:15 フェリー10:35 徳島港 12:50

サザン43号 難波17:40 和歌山港18:45 フェリー19:15 徳島港 21:25

サザン53号 難波20:10 和歌山港21:17 フェリー21:40 徳島港 23:55

 

平日(上り)

徳島港 8:00 和歌山港10:10 サザン20号 10:23 難波11:29

徳島港 16:30 和歌山港18:35 サザン54号 18:53 難波20:02

徳島港 18:55 和歌山港21:05 サザン64号 21:25 難波22:32

 

 

土休日(下り)

サザン1号 難波7:10 和歌山港8:14 フェリー8:30 徳島港 10:35

サザン9号 難波9:10 和歌山港10:15 フェリー10:35 徳島港 12:50

 

土休日(上り)

徳島港 5:35 和歌山港7:50 サザン12号 8:23 難波9:32

徳島港 8:00 和歌山港10:10 サザン20号 10:23 難波11:29

 

f:id:hacchi46:20220109020403j:plain

終点難波に到着

22:32 難波到着

 

普通車も空いている時間帯なので指定席は終始ガラガラでしたが、

おかげで快適でした。

今回は行き帰りとも阪和間が夜の移動だったので、

次回は昼間にぜひ乗ってみたいところです。

f:id:hacchi46:20220109095638j:plain

和歌山~難波1時間が520円で快適に。

 

新宿~徳島が在来線特急&フェリーだけで乗り継げるルート!

 

 

今回2日目までに使ったルートで行くと、

在来線特急を4本乗り継いで徳島に行く事が出来ます。

私は和歌山に立ち寄ったので、今回は使いませんでしたが、

下のスケジュールで当日中にも新宿~徳島の移動が出来ます。

 

①新宿~塩尻 特急あずさ5号 8:00~10:27

f:id:hacchi46:20211219221049j:plain

JR東日本 特急あずさ

塩尻~名古屋 特急しなの8号 11:03~13:01

f:id:hacchi46:20210925015425j:plain

JR東海 特急しなの

 

③名古屋~難波 特急ひのとり64列車 14:00~16:08

f:id:hacchi46:20220103163625j:plain

近鉄 特急ひのとり

③難波~和歌山港 特急サザン43号 17:40~18:45

f:id:hacchi46:20220109102236j:plain

南海 特急サザン

和歌山港徳島港 南海フェリー 19:15~21:25

 

徳島港徳島駅 路線バス 21:30~21:51

 

ただ個人的には途中難波で1泊して、

朝のサザンで徳島に向かう方が景色もより楽しめるのではと思います。

 

 

こんな旅の仕方もあるよという事で、ご紹介しました。

お時間のある方はやってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

名古屋~大阪 近鉄特急は「汎用」ACEでも快適!

こんにちは。

 

今回は年末鉄旅リポートの2回目・

名古屋から先の一日目の行程をお送りします。

 

noritetsu46.hatenablog.com

 

名古屋からは東海道線で西に向かう予定だったのですが、

出発日の27日は滋賀県で大雪になり、

朝から東海道線が運転見合わせ・新幹線も大幅遅れという事で、

その予定を断念して、近鉄で大阪方面へ向かう事にしました。

 

 

近鉄を使えば、東京・新宿~大阪・難波を在来線特急だけで行く事が出来る!

 

東海道線・新幹線がこんな状況の時、迂回路になるのが近鉄です。

 

近鉄は名古屋~大阪間で頻繁に特急を走らせており、

新幹線よりは時間がかかるものの料金は安く、

大阪ミナミに直接向かうなら乗り換えが無く便利です。

運賃:2,410円 特急料金:1,930円

 

名古屋~大阪難波を走る、近鉄名阪特急

 

 

特急ひのとり

 

名古屋~大阪難波を最も速く結ぶのが名阪甲特急と言われる便で、

2021年からは全ての便が最新の列車「ひのとり」で運転されています。

f:id:hacchi46:20220103163625j:plain

近鉄名阪特急・ひのとり


途中津にのみ停車し、大阪環状線との乗換え駅・鶴橋までノンストップで結びます。

(一部大和八木に停車する列車もあり)

 

名古屋・難波をそれぞれ毎時0分に発車し、両駅を2時間ちょっとで結びます。

ただし、「ひのとり」に乗車するには、

特急料金の他にひのとり乗車券が必要になります。

(レギュラーシート名古屋~難波200円)

 

特急アーバンライナーplus・next

 

同じく名古屋~大阪難波を結ぶ、やや停車駅の多い名阪乙特急という便もあります。

こちらには「アーバンライナーplus・next」が充てられています。

ひのとりデビューまでは、アーバンライナーが甲特急でした。

f:id:hacchi46:20220103164911j:plain

近鉄名阪特急・アーバンライナー(画像はnext)

 

こちらは四日市名張など、三重県内の主要都市に停車していきます。

こちらは毎時30分に出発します。

名阪間はこの2つの特急が30分おきに運転されていてとても便利です。

 

 

 

汎用特急「ACE」とビスタカーを乗り継いで、大阪に向かう。

 

名阪間の移動であればこのどちらかに乗ればいいのですが、

 

今回はこの旅行の中でどちらも使う予定だったので、

乗る予定の無い列車を選ぶ事にしました。

 

乗り鉄旅1日目 列車その3:近鉄名古屋線 賢島行特急

f:id:hacchi46:20220103165837j:plain

近鉄汎用特急「Ace」(右)

名古屋や難波からは、名阪特急だけでなく、

伊勢志摩方面に向かう特急列車も頻繁に運転されています。

 

この日は名古屋到着から約1時間後・14時10分発の賢島行特急に乗車しました。

 

使用車両はACEという愛称がついた22000系です。

f:id:hacchi46:20220103170145j:plain

「汎用」と侮るなかれ。思ったよりだいぶ良いぞ!

近鉄には先述のひのとり・アーバンライナーなど人気の列車も多い中、

その運用外の列車に充てられて時刻表にも「無印」の扱いを受ける地味な存在ですが、

f:id:hacchi46:20220103170730j:plain

車内も明るくきれい。

車内設備はJRの普通車と何ら遜色ない「普通にちゃんとした特急」です。

走っている姿もかっこいいですし、

私は結構この車両も最近お気に入りなんですよね。

 

こちらに乗って、途中の伊勢中川まで行きます。

 

桑名付近は結構降雪があったようで積雪がありました。

f:id:hacchi46:20220103171304j:plain

長良川橋梁

f:id:hacchi46:20220103171734j:plain

近鉄長島~桑名

 

f:id:hacchi46:20220103172322j:plain

津駅


桑名・四日市・白子・津と停車し、

ほぼ1時間で伊勢・大阪方面との分岐駅・伊勢中川に着きます。

 

 

伊勢中川 15:09到着

 

名古屋を毎時10分に出る特急は、

伊勢中川で伊勢方面から来た大阪方面行の特急に乗り継ぐ事が出来ます。

向かい側にいたのは2階建て車両つきのビスタカーです。

 

乗り鉄旅1日目 列車その4:近鉄大阪線 大阪難波行特急

f:id:hacchi46:20220103173219j:plain

近鉄ビスタカー

 

f:id:hacchi46:20220103172621j:plain

伊勢中川駅での乗り換えは、慌ただしかった。
走りながら撮ったので、ボケた。



 

f:id:hacchi46:20220103173535j:plain

伊勢中川駅を出る、15:10発大阪難波

乗り換えは思ったより急かされましたが、

これに乗ればあとは難波まで乗り換え無しです。

伊勢志摩方面からの利用者と乗り継ぎの利用者で車内は鶴橋までほぼ満席でした。

f:id:hacchi46:20220103193425j:plain

大阪⇒名古屋の乗り継ぎももちろんOK!
時間によっては伊勢志摩ライナー(左)の事も。



先ほどのAceより車両の径が小さいのか、車内も少し狭く感じました。

f:id:hacchi46:20220103173904j:plain

ビスタカー平屋部の車内

f:id:hacchi46:20220103174642j:plain

Ace(左)とビスタカー(右)
確かに車体の大きさが違うように見える。




 

16:32 大阪難波到着

f:id:hacchi46:20220103174927j:plain

大阪難波駅に到着。

所要時間2時間22分で大阪難波に到着です。

 

元々JRで徳島までいく予定でしたが、

ここからは和歌山経由で向かう事にしました。

 

難波から地下鉄に乗って天王寺へ向かい、そこから阪和線の快速に乗ります。

時刻表を見ていたら、ふと気になった日根野からも通過駅のある快速に乗ってみる事にしました。

f:id:hacchi46:20220103175932j:plain

天王寺駅にて。

乗り鉄旅1日目 列車その5:阪和線 和歌山行快速

 

天王寺始発の17:07発の快速です。

日根野までの快速停車駅と和泉砂川紀伊・六十谷・和歌山のみに停車しました。

f:id:hacchi46:20220103180220j:plain

スピードも結構出ている。

ちょうど1時間で和歌山に到着です。

この日初の無課金列車でしたが、快適な転換クロスシートであっという間です。

 

18:08 和歌山到着

 

列車での和歌山訪問は初めてです。

f:id:hacchi46:20220103180647j:plain

JR和歌山駅

和歌山に来たら食べたい、和歌山ラーメンの老舗の味。

 

これから徳島に向かうので本来なら南海の和歌山市へ行くべきで、

実際この日も和歌山市で宿泊したのですが、

JR和歌山に来たのは、理由があります。

 

前回和歌山訪問時にも来て食べた、井出商店のラーメンを、

せっかくなので食べて行く事にしました。

f:id:hacchi46:20220103181127j:plain

和歌山駅からほど近い、井出商店

f:id:hacchi46:20220103181329j:plain

井出商店のラーメンはネットでも注文できる!



 

今回は和歌山は通過の予定だったので、

この予定変更で再び食す事が出来ました。

 

f:id:hacchi46:20220103181456j:plain

井出商店のラーメン

 

f:id:hacchi46:20220103195358j:plain

ライトアップされた和歌山城

という訳で、一日目は和歌山で終了です。

 

f:id:hacchi46:20220103195155j:plain

南海和歌山市駅

次の日の朝に、ここから徳島に向かいます。

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

東京~名古屋 中央線あずさ&しなのを乗り継ぐのもいいね! 

あけましておめでとうございます。

 

昨年の年末は、2年ぶりの鉄旅をしてきましたので、

そのレポートを何回かにわけてやっていきます。

 

行程は5日間で、

近鉄3日間乗り放題とまだ行った事の無い徳島県に行くのが目的です。

 

 

2年ぶり年末年始鉄旅は、特急列車メインの乗り鉄旅!

 

今回は青春18きっぷを使わずに出かけます。

 

 

 

当初の予定は、八王子から徳島まで片道のきっぷを買って、

JRの特急列車などを乗り継いでいく予定だったのですが、

当日は岐阜県滋賀県で記録的な大雪になり、

東海道線が朝から運転見合わせ・新幹線も大幅遅れという事で、

この計画を出発前に断念。

帰りの行程で使う予定だった近鉄を行きも利用する事にしました。

 

 

 

八王子からは当初の予定通り、中央線に乗って西へ向かいます。

 

 

中央線で行けば、在来線の特急で名古屋へ行ける!

 

 

東京~名古屋の移動は、東海道新幹線を使うのが当たり前のようになっています。

のぞみで1時間39分、八王子からだと横浜線を使っても2時間ちょっとです。

 

しかし今回は、在来線・さすがに普通列車では無いですが

特急列車で移動する事にしました。

新幹線よりは時間がかかりますが、

その分景色を楽しみながら名古屋に向かいます。

 

 

中央線は東海道線以外に東京~名古屋を結ぶもう一つのルートです。

高速道路も東名と中央どちらもありますよね。

中央線は長野県の塩尻を境に運転系統が分かれていて、

直通する列車はありませんが、

それぞれで特急列車が走っているので、

塩尻で乗り継ぐ事で東京~名古屋を移動する事が出来ます。

 

 

乗り鉄旅1日目 列車その1:中央東線E353系特急あずさ

 

まず最初に乗るのは、

八王子8:33発・あずさ5号 南小谷行きです。

中央線ユーザーにはお馴染みの、

白と紫の甲府や松本に行く特急列車です。

f:id:hacchi46:20220101120534j:plain

E353系 特急あずさ5号
中央東線はきれいな車窓が魅力!

 

あずさの乗車中は見事なまでの快晴でした。

中央東線は景色が良く、遠くに見える雪化粧されたアルプスや八ヶ岳がきれいです。

f:id:hacchi46:20220101121352j:plain

勝沼ぶどう郷駅付近からの車窓。雪化粧の南アルプスも遠くに見える。

 

f:id:hacchi46:20220101121746j:plain

あずさの車窓から見える富士山(山梨市付近)

 

f:id:hacchi46:20220101121522j:plain

八ヶ岳はちょっと頭が隠れた・・

f:id:hacchi46:20220101122015j:plain

諏訪湖も少し見える。

 

列車は最新鋭の特急型車両・E353系を使用しています。

 

f:id:hacchi46:20220101123316j:plain

中央東線の特急は、臨時を除きE353系で統一されている。

最速130km/hで走行し、車体傾斜装置を使う事で、

山あいを走りカーブや勾配の多い中央東線でも高速で走る事が出来ます。

 

 

f:id:hacchi46:20220101122840j:plain

E353系普通車の車内

車内ではWi-Fiを使用でき、コンセントも付いています。

調節が可能なヘッドレストも快適空間をサポートしてくれます。

 

 

あずさ5号は八王子から甲府を無停車で走り、

小淵沢・茅野・上諏訪・岡谷・塩尻と主要駅に停まって行きます。

1日1往復のみ設定されている南小谷行きの列車です。

 

 

10:27 塩尻到着

 

f:id:hacchi46:20220101125049j:plain

塩尻駅

八王子~塩尻は174.7kmで、所要時間は1時間54分です。

 

ここで乗り継ぎの特急しなのを待ちます。

 

 

乗り鉄旅1日目 列車その2:中央西線383系特急ワイドビューしなの

 

30分強の待ち合わせで来たのが、

塩尻11:03発・名古屋行の特急・しなの8号です。

名古屋と長野県の県庁所在地・長野を結ぶ特急です。

長野県内移動の需要も高いようです。

f:id:hacchi46:20220101130842j:plain

383系特急しなの(長野側先頭)

f:id:hacchi46:20220101131109j:plain

塩尻駅に到着するしなの8号

長野方面の先頭はグリーン車で、

前面展望もクリアな先頭デザインが特徴です。

 

まるでジェットコースター!山あいのカーブを傾きながら通過していく!

 

中央西線をしなので行くのは初めてでしたが、

非常に乗っていて楽しい列車でした!

 

木曽川沿いをゆるやかに下っていくので、

中央東線のようなアップダウンは少ないのですが、

山あいを縫って走るのでカーブの連続です。

カーブが多いとスピードは出せませんが、

383系は振り子傾斜装置がついていて

カーブでもスピードをなるべく落とさずに走れるように造られています。

 

カーブに差し掛かるたびに車体が結構傾いているのが乗っていてもわかります。

本当にジェットコースターみたいな感じです。

f:id:hacchi46:20220101132717j:plain

直進しているとき

f:id:hacchi46:20220101132825j:plain

カーブを通過しているとき
レールとの角度の違いがわかるだろうか?


ただ乗り物酔いをしやすい人は注意した方がいいかもしれませんね。

 

 

木曽路に入って徐々に曇ってきて、

f:id:hacchi46:20220101154118j:plain

津川駅に到着

 

岐阜県に入り、名古屋に近づくにつれ雪が舞ってきました。

雪も進むにつれて強くなり、

積雪がみられるところもありました。

f:id:hacchi46:20220101160704j:plain

神領電車区の横を通過。デビュー間近の315系が控える。

f:id:hacchi46:20220101161121j:plain

千種駅付近は積雪があった。

しかし名古屋中心部に入ると、晴れ間が見えてきます。

f:id:hacchi46:20220101163038j:plain

金山駅手前のカーブ

 

中央線は遅れもなく、時刻通りに名古屋に到着しました。

 

名古屋到着 13:01

塩尻~名古屋は174.1㎞。

なんと八王子~塩尻間とほぼ一緒です!

しなの8号の所要時間は1時間58分でこれもほぼ一緒。

表定速度(停車も含めた平均速度)もほぼ変わらないのですね。

f:id:hacchi46:20220101164753j:plain

名古屋駅に到着。

乗り換え1回で、4時間半の旅。料金は?

 

八王子~名古屋は乗り換え時間も含めると4時間半ほどなので、

新宿からだともう30分プラスで5時間ほどかかるという事ですね。

 

 

料金ですが、最初に言っておくと中央線回りのメリットはありません。

むしろ新幹線を使った方がいいです。

 

新幹線の自由席を使った場合、名古屋まで4,180円です。

 

対して特急あずさ・しなのを乗り継いだ場合は

あずさ普通車指定席 2,550円

しなの自由席 2,200円

計4,750円(新宿~名古屋)ですので、だいぶ高くなってしまいます。

 

2列車を乗り継ぐので割高になってしまいます。

これが実際にこのルートを選択する人が少ない理由でしょう。

純粋に中央線の特急に乗りたいという人のみおすすめというルートですね。

 

 

JRE POINTであずさ指定席に交換&お得な乗り継ぎ割引適用

 

今回私はJRE POINTを利用してあずさに乗車したので、

あずさは無課金で、しなのの料金だけで乗車できました。

毎日の通勤でポイントが貯まるので

こういう時にポイント交換でJR東日本の新幹線や特急なら乗れるのが嬉しいです。

 

さらに、しなのの特急料金も新幹線の特急券とセットで買うと半額になるという、

新幹線⇔在来線特急乗り継ぎ割引特例を利用するとお得になります。

 

今回は名古屋~岐阜羽島の自由席特急券870円とセットで、

塩尻~名古屋の指定席特急券を購入しました。

 

この日は繁忙期で200円高く2,930円でしたが、

新幹線の券と一緒に買うと合計で2,330円と600円もお得です。

 

雪の遅れもあり実際に新幹線は乗らずでしたが、

それでもその方がお得という特例です。

 

 

 

列車乗り継ぎの旅・この後は予定変更を余儀なく・・・

 

本来だと名古屋から先は在来線で、

もしくは名古屋~米原だけ新幹線利用で行き、

そこから新快速で西へ向かうと当初の計画は考えていたのですが、

くしくも滋賀県の大雪であえなく断念。

 

復路で利用する予定だった近鉄・南海ルートで徳島に向かう事にしました。

 

本当はこの列車にも乗りたかったのですが・・・

f:id:hacchi46:20211115092822j:plain

681系特急しらさぎ

 

 

近鉄名古屋駅に向かいます。

f:id:hacchi46:20220101172202j:plain

近鉄名古屋駅。名古屋から大阪方面へ特急が頻繁に出ている。

 

この先はまた次回にお送りしたいと思います。

 

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

ホームライナー浜松3号の旅が、平日限定に・・・

こんにちは。

 

減便・消滅と寂しい話題ばかりが届く、

来年3月予定の鉄道各社のダイヤ改正

 

そのニュースの中に、青春18キッパーにとっても

寂しいニュースがいくつかありました。

 

その中でも一番のニュースは、

静岡地区で運転されているホームライナーのうち、

土休日に運転されている列車が

全て取りやめになるというニュースではないでしょうか?

f:id:hacchi46:20211221212145j:plain

ホームライナー浜松3号



他の地域で運転されているライナー・通勤特急

ほとんど平日のみの運転なので

これまで土休日にも運転があったのは非常に良心的だったと思いますが、

ついにこのコロナ禍には抗えず、取りやめとなるそうです。

 

ホームライナー静岡・沼津・浜松は、平日のみの運転に。

 

 

今回取りやめになる列車はこちらです。

 

上り(浜松発)

ホームライナー静岡2号 浜松6:35→静岡7:40

 

同静岡34号 浜松6:58→静岡8:04

同静岡36号 浜松8:29→静岡9:28

 

f:id:hacchi46:20211221215214j:plain

原駅を通過するホームライナー浜松3号



上り(静岡発)

ホームライナー沼津2号 静岡7:00→沼津7:41

同沼津8号 静岡20:20→沼津21:01

 

下り(沼津発)

同静岡31号 沼津7:30→静岡8:16

同浜松3号 沼津18:31→浜松20:10

 

※凡例:

赤字:廃止 青字:平日のみの運転に変更

 

赤字の便はこれまで土休日のみの運転だった列車で、

青字の便は毎日運転の列車です。

 

 

土休日も運転され、18きっぷの時期には乗る人も多い、

沼津~浜松間を走り通す「ホームライナー浜松3号」も平日のみの運転になります。

 

普通列車のみで長い静岡地区を330円で

特急型車両で速く移動出来る貴重な乗り得列車ですので、

今回のニュースを残念がっている人は多いでしょう。

 

 

私も昨年のお正月2日に利用しました。

結構混んでいましたが浜松までの長い距離を走り、

さらに普通列車となり豊橋まで行く利用価値の高い列車だと感じました。

これからは平日のみの運転になってしまいますが、

今後さらなる運転区間短縮や廃止の方向にならないように、

世の中が早く落ち着いて欲しいものです。

 

f:id:hacchi46:20211221215455j:plain

沼津駅 2020.1

 

 

ただ、これからも平日にはまだ運転が続きます。

沼津~浜松間の長距離を走ってくれる浜松3号、5号には

また乗車しに行きたいと思います。

 

 

他にも青春18きっぷで乗れるお得な快速列車の廃止がニュースになっています。

新幹線が出来ると並行在来線がJRから切られていきますし、

青春18きっぷでの旅がこれからどんどんしづらくなっていきますね。

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

VSE引退、相模線八王子直通廃止、五日市線・八高線直通廃止・・廃止の春

こんにちは。

 

鉄道各社から、来年3月のダイヤ改正についてのリリースが出てきています。

 

やはり昨今のコロナ禍の影響もあり、

鉄道各社はダイヤ改正を機に減便や運転区間の短縮などをさらにすすめるようです。

 

そんな中でも個人的に残念なニュースを取り上げたいと思います。

 

小田急ロマンスカーVSEが定期運用から撤退

 

まずは予想もしていなかった驚きのニュースです。

小田急のフラッグシップとして2004年から活躍してきた、

VSE50000形ロマンスカーが、定期運転を終了するというニュースです。

f:id:hacchi46:20211218213214j:plain

小田急50000形

 

まだ15年あまりしかデビューから経っておらず、

まだまだ走るものだと思っていました。

普段小田急線を利用しますので、そこで見かける事も多く、

異彩を放つ存在感のある列車なので、本当に残念です。

f:id:hacchi46:20211218213936j:plain

VSEの車内

 

どうもメンテナンスの問題が出てきているようで、

一両が短い連接台車の50000形は共通部品も無く、

メンテナンス性は良くないのかもしれません。

ホームドアの問題も今後出てくるという事で、

他の車両と長さも違うVSEは難しい部分が出てきてしまうのでしょうか。

f:id:hacchi46:20211218214910j:plain

開成~栢山間にて

f:id:hacchi46:20211218215630j:plain


しかし、現在も人気の列車ですので、

何とかならなかったのだろうかという思いはありますね。

 

VSEの代替と、VSEの今後は?

 

VSEは現在2編成が運用されていて、

毎日のようにその2編成は動いていましたので

走行距離はそれなりに多かったのでしょう。

f:id:hacchi46:20211218215724j:plain

栢山~富水間にて

で、このVSEの代わりに新たな車両が増備される事は無く、

この分はこね号が減便になるようです。

ここでもにっくきコロナの影響が出ています。

 

 

今後はこのVSEはどうなるのでしょうかね?

臨時列車用として残るのか、それとも小田急線からは完全に引退するのか?

 

まだ車齢が若いので、他の地方私鉄からの譲渡依頼もあるでしょうか。

今後の展開も気になるところです。

 

 

相模線は朝夕の八王子直通が廃止に。

 

f:id:hacchi46:20211218220830j:plain

205系の引退と共に、八王子直通も廃止に。(相武台下駅

こちらも私が時々利用する相模線。

朝夕は横浜線の八王子まで直通する電車があります。

しかしこの直通列車も来年の3月で廃止になるそうです。

10月に新型のE131系が登場しましたが、

現行の205系の本数より少なくなっている事で、

もしかすると横浜線直通が無くなるかという予想もありましたが、

それが現実となりました。

 

仕事の帰りに八王子まで直通する電車に乗って時々帰る事があるのですが、

これが無くなると、相模線を使う機会は減ってしまいそうです。

f:id:hacchi46:20211218221011j:plain

E131系

先日E131系が八王子まで乗り入れているのを観ましたが、

その様子も今だけという事になりますね。

 

 

中央線~五日市線八高線直通電車が廃止に。

 

もう一つ、私にとって身近な電車の話題だと

中央線快速電車の五日市線八高線直通電車の廃止です。

f:id:hacchi46:20211218221749j:plain

拝島駅1番ホームにて

八高線は1996年に電化されてからですが、

五日市線は40年以上前からずっと中央線の直通列車が設定されています。

それがここでついに終わりを迎えます。

 

現在は拝島で分割併合される五日市線6両+八高線4両の10両編成が、

平日2往復・土休日1往復運転されています。

 

 

近い将来に予定されている、グリーン車導入のタイミングで、

グリーン車サービス外の五日市線八高線への直通電車は

もしかすると無くなるのかなと思ってもいましたが、

今回はその導入のタイミングを待たずにという事でしたね。

 

 

では、拝島駅1番線を12両対応にした意味は?

 

f:id:hacchi46:20211218222740j:plain

拝島駅1番線の延長工事の様子


ここで疑問が一つ出てきます。

先日拝島駅の1番線ホームの12両化対応工事がありました。

しかし、現在拝島駅の1番線に入る10両編成の電車は、

先述の中央線直通電車のみです。

このホームで分割併合を行っています。

青梅線の電車は入る事はありません。

五日市線八高線直通の電車が入って来ないなら、

このホームには最大6両の列車しか入ってこないはずです。

 

 

となると、

今後は今までとは違う1番線の使い方をする事があるという事なのでしょうか?

 

 

f:id:hacchi46:20211219092459j:plain

常磐線グリーン車。コロナ禍以前からすいている感はあった。



その他にも、常磐線中距離列車が土浦以北は5両になるというニュースも。

土浦でグリーン車のついている10両を置いていく形になるようです。

何度か水戸の方までグリーン車を利用したことがありますが、

確かにグリーン車はいつもガラガラでしたからね・・・

ただ、青春18キッパーには残念なニュースです。

 

 

 

効率化のために本数を減らしたり無くしたりと、

仕方のない部分もあるのでしょうが、

寂しさを感じる今回の改正になりそうです。

 

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村