子供の頃の鉄道好きが復活した

鉄道乗車記などを中心に書いていきます。

【もうすぐ18シーズン】静岡の快適な移動に使える列車を今一度、まとめてみた①

こんにちは。

 

6月だというのに猛暑日・・・

今年の夏はどうなるのでしょうか?

 

 

もうすぐ乗り鉄が待ちに待った青春18きっぷの夏シーズンが

今年もやってきます。

コロナの外出制限も解除された今年の夏は、

青春18きっぷでどこかに行きたいものです。

 

 

18きっぷでどこかに行くとなると、

やはり本数も多く遠くまで行きやすい東海道線のルートが定番です。

 

 

今年は静岡地区に転換クロスシート車・313系8000番台も導入され、

より普通列車の旅が楽しくなりそうです。

 

 

そこで、静岡地区の移動に使えそうな列車をピックアップしてみました。

 

 

静岡区間の移動に使える快適列車・下り

 

まずは定番ですが、平日だけの運転になってしまった、

ホームライナー浜松3号。

 

こちらは東京15:37発の沼津行きに乗ると、17:41に沼津に着きます。

そして50分の待ち合わせで、

373系車両を使ったホームライナー浜松3号に乗り継げます。

これに乗れば330円の課金で浜松まで座って快適に過ごせます。

youtu.be

 

東京16:27発の沼津行きに乗れば、18:39に沼津に着きます。

19:25発のホームライナー浜松5号に乗り継げます。

 

 

快適な特急車両が最高ですが、どちらも平日のみの運転なのが残念です。

 

土休日は元SL313系8000番台の浜松行きを代わりに使おう!

 

しかし、この時間帯にホームライナーの代わりになる、

快適長距離列車があります。

 

 

18:07熱海発の465M・浜松行きが、

313系8000番台による運用のようです。

 

 

東京16:18発の伊東行きに乗ると、18:03に熱海に着きます。

おそらく反対側のホームに着くので、すぐ乗り継げるでしょう。

 

ただ、席を確保するなら少し厳しいかもしれないので、

313系8000番台

少し早めに熱海に着く列車に乗っていくといいでしょうね。

 

さらに、この浜松行きは沼津で16分停車し、

その間に上述の東京16:27発沼津行きが到着します。

すぐ乗り継ぐ事が出来ます。

 

 

土休日は最強乗り継ぎパターンになる熱海14:13発の浜松行き

 

続いてこちらは、以前の記事でも取り上げたので

そちらをみていただければと思いますが、

 

noritetsu46.hatenablog.com

14:13発の浜松行きはやはり313系8000番台の運用列車ですが、

これは浜松で土休日に限りですが、

17:01発新快速米原行きに乗り継げます。

その後さらに新快速に乗り継げば、網干まで行けます。

東京から姫路まで乗り換えわずか3回で行けます。

乗りごたえありです!

noritetsu46.hatenablog.com

 

平日は乗り換えが岡崎で一回増えますが、

浜松から17:01発岐阜行きの普通列車に乗れば、

岡崎で始発の特快米原行きに乗り継げます。

 

 

午前は、静岡にお昼前に着く2便が快適

 

午前中は東京方面から便利な快適列車は少ないですが、

10:00発の静岡行きと10:33発の島田行きが313系8000番台による運用です。

 

平日は東京を8:00、土休日は8:10に出る普通列車に乗れば、

10:00発の列車に乗れます。

 

10:33発の列車は、特急踊り子3号との連絡がいいのですが、

青春18きっぷの場合は乗れませんので、

土休日8:36東京発の列車に乗れば乗り継げます。

10:33熱海発433M列車の車内

 

313系8000番台は静岡止まりですので、

もしさらに先に行くなら興津で降りて、

12:25始発の浜松行きに乗っていけば、快適なシートが継続です。

775M浜松行き

お昼時なので、清水で降りて駅近の魚市場・河岸の市でランチでもして、

乗っていくといいでしょうね。

youtu.be

河岸の市(写真奥が清水駅方面)

河岸の市「どん福」のどんぶり

 

という訳で、東海道線静岡地区の快適な移動に使える列車・

下り編でした。

 

銚子に列車で。きゃりー電車と伊勢エビ天丼を楽しむ。

こんにちは。

 

先日、休みの日に千葉県の銚子まで、

電車で日帰り旅をしてきました。

 

 

 

東京からは特急しおさいに乗車し、1時間40分ほど。

トクだ値40で、東京からの特急料金が1,030円とお得でした。

255系特急しおさい銚子駅

銚子に列車で来るのは初めてで、

もちろん特急しおさい255系に乗るのも初めてでした。

銚子駅にある木樽

 

 

今回、銚子にやって来たのは、

海沿いにある魚介料理のお店で伊勢エビ天丼を食べるため。

以前から行ってみたいと思っているうちにコロナ禍になってしまい、

今回ようやく実行となりました。

 

銚子からきゃりー電車に遭遇

 

銚子駅から、さらに電車に乗ってそのお店に向かいます。

銚子電鉄です。

JRのホームの先に、小さな駅舎がありました。

銚子電鉄銚子駅



銚子電鉄の2000形

いつから走っているんだろうと思う位、とても古い車両でしたが、

車内に入ると、車内は大変なことになっていました。

車内は、お姫様のお部屋の中みたいに!

そういえば、何かニュースで観たなぁと思い出したのですが、

きゃりーぱみゅぱみゅさんとのコラボ企画で実現したようですね。

車内放送もきゃりーさんのアナウンスでした。

ファンの人にはたまらないですね。

 

森の中に入ると、こんな感じに。

 

この電車に乗って、途中の笠上黒生駅で下車します。

笠上黒生駅が髪毛黒生駅に・・

 



この駅から歩いて15分くらい、海に向かって歩くと、

 

 

今回目的のお店・一山いけすに到着します。

本当に海沿いにあります。

 

お店に到着。

 

平日の13時頃という事で、待つ事もなくすぐ入れました。

中に入ると、真ん中に大きないけすがあり、

カウンターがそれを囲んでいます。

いけすを観ながら食事が出来る。

 

おいしそうなメニューがたくさんありましたが、

せっかくここまで来たので、初志貫徹。

伊勢海老天丼を注文。

ぷりっぷりの伊勢エビがきれいに揚がっています!

 

身の大きな伊勢エビの天ぷらが3本と、

野菜のてんぷら(かぼちゃとピーマン、さつまいも)が入って

ボリュームたっぷりでした!

来た甲斐がありました。

 

お値段は2,700円くらいでしたが、

海産物なのでその時によって変動はあると思います。

 

 

お腹いっぱいにして、

また銚子電鉄に乗って戻りました。

帰りもきゃりー電車

 

帰りはしおさいではなく、”成田新幹線”で。

 

帰りはしおさいではなく、

普通列車で成田まで行きます。

房総地区ではまだ209系が主力。

成田までも1時間以上かかります。

ただ、特急しおさいはそんなに本数が無いので、

普通列車で帰った方が東京まで早く着く場合も多いです。

 

成田まで来れば、東京行きの快速列車が来るので、

グリーン車に乗って快適に帰れますが、

217系

今回は成田空港方面に向かって、

スカイライナーを使いました。

成田空港駅から、スカイライナーに乗る。

回り道をする感じではありますが、時間的には変わらないようです。

160km/hのスピード感を楽しめたので、良い選択だったと思います。

終点の上野まで乗車しました。

JR上野駅はすぐ向かいなので、ここまで乗ってもいいと思います。

 

伊勢エビ天丼と、乗り鉄を充分楽しめる一日でした。

帰りは特急おうめ号で帰宅。

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


秘境の青山で、ひのとり・アーバンライナーのすれ違いを撮る。

こんにちは。

 

今回は、時期としては少し前になりますが、

関西方面遠征時の近鉄の話題です。

 

 

近鉄3日間乗り放題きっぷを使って近鉄各線を乗ってみたのですが、

今回ご紹介するのは、近鉄大阪線東青山駅です。

近鉄大阪線東青山駅

ここは大手私鉄最長の山岳トンネルでもある、

新青山トンネルが控える峠越え区間にある駅です。

 

 

ここには大阪方面とを結ぶ急行電車が1時間に1本、

伊勢中川からこの駅までの区間運転の列車が1時間に1本程度やってきます。

東青山駅に到着する普通電車

駅前に大きな公園がありますが民家はない秘境駅です。

 

 

しかしこの駅に降り立って1時間もホームにいると、

ここを通過する特急列車が次々と通り過ぎていきます。

その様子をご覧ください。

youtu.be

 

 

近鉄大阪線東青山駅で、観られる特急列車

 

伊勢中川方面から普通電車に乗ってやって来ると、

終点の東青山駅で後続の急行に接続します。

この急行電車が、この駅で特急ひのとりの待避をします。

上本町行きの急行が、ここで特急の待避をする

なので、伊勢中川方面から急行電車に乗ってくれば、

待避の間にも特急ひのとりの通過が観られます。

 

前回近鉄の急行に乗った際に、この駅でひのとり同士のすれ違いを観ました。

今回はここに降りて観てみようと思った訳です。

 

上下のひのとりが相次いで通過します。

下り難波行きひのとりが通過。

新青山トンネルの東側で、上下がすれ違い、

すれ違いの瞬間!

上りがやってきます。

 

上り名古屋行きのひのとりが通過



他の特急列車もすれ違います。

しかも同系統の列車同士がすれ違う姿が観られました。

賢島行きサニーカー&Ace

難波行きビスタカー&Ace

 

アーバンライナーnextアーバンライナーplusのすれ違い。

上り名古屋行きアーバンライナーが通過

 

そして再びひのとりがやってきます。

今度は上りが先に駅を通過します。

 

 

次の列車が来るまでの時間で、この3系統の列車は大体通過します。

さらに時間帯によっては、しまかぜや伊勢志摩ライナーが通りますので、

すごく楽しいです!

私がいた1時間あまりの間には、しまかぜが通ってくれました。

観光特急しまかぜ

 

すれ違う姿は、動画でぜひ!

youtu.be

 

 

東青山にやってくる時に乗る急行列車ですが、

今回初めてクロスシート車に乗車しました。

全てロングシート車の場合もありましたが、

クロスシート車は特急とは違ったのんびりとした旅が楽しめます。

転換クロスシート

これも列車の旅を味わうにはいいですね。

列車の中からも、東青山駅で通過の様子もみられます。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


赤くなった、平日朝のはこね1号に乗車。

こんにちは。

 

今回は、小田急ロマンスカーの話題です。

 

朝、通勤や通学で小田急線を利用しているユーザーの中には、

 

「最近赤いロマンスカーをみるようになったなぁ」

 

と感じている人も多いのではないでしょうか?

 

私も通勤で町田や相模大野を通る時に、

3月のダイヤ改正後から、赤いロマンスカーGSEをみかけるようになりました。

 

 

改正までも同じ時間に箱根湯本行きのロマンスカーが町田を通過し、

相模大野に停車していたのですが、車両はEXEでした。

それが3月の改正で、赤い展望車付きのGSEに替わりました。

GSE70000形 町田駅にて

 

 

仕事に行くときにカッコイイ赤のロマンスカーをみると、

「今度乗ってみたいなぁ」と感じた人も、私だけではないはず。



という事で、平日休みの私は、休みの日にいつもと同じ時間に起きて、

この赤いロマンスカーはこね1号に乗車してみました。

youtu.be

 

平日のGSEはこね1号で、小田原まで乗車。

 

相模大野8:22発のはこね1号に乗車します。

相模大野に到着するはこね1号

 

GSEの車内は、白く丸みを帯びた天井がスタイリッシュです。

GSEの車内。

シートは座面が広く、そこまで柔らかくないものの、

座り心地は悪くありません。

GSEのシート

しかし、この画像でもわかるように、前座席の背面に、

テーブルがついていません。

これは青いロマンスカー・MSEもそうですが、

肘掛けに内蔵されている小さいテーブルしかありません。

 

せいぜい1時間ちょっとの乗車時間という事で、

お弁当を車内で拡げる事はもはや考えていないつくりなのでしょう。

ただこれだと本当にお弁当は食べにくいですね・・・

 

 

相武台前駅

相武台前~座間

 

車窓からの大山と、渋沢~新松田間の鉄橋の連続

 

小田急線は本厚木を過ぎると、田園風景が拡がり、

進行方向右手には大山が見えます。

進行方向右手に見える、大山

そこから山あいに入り、抜けると秦野の街が見えてきます。

東海大学前~秦野 秦野の街が見えてくる。

 

そして、秦野の隣の駅・渋沢から新松田の駅間は、

6.2kmと、小田急線で最も長い区間

ここは山間部を走る区間ですが、

ずっと線路に沿って川が流れています。

線路が川の流れに沿ってカーブしながら下っていくのですが、

その川を何度も渡るというのも見所です。

 

四十八瀬川を最初に渡る。バックは大山。

同じ川を何度も渡っていく。

 

富士山も車窓から望める。

合計9回も川を渡り、新松田を通過します。

 

新松田からは酒匂川沿いに田園地帯を抜けて、

富水~栢山間を走るGSE

約40分で小田原に着きます。

小田原駅に到着。

私はここで降り、東海道線に乗り換えていきます。

 

箱根にそのまま行くもよし、乗り換えて伊豆・静岡方面に行っても良し。

 

ここで連絡する東海道線に乗車すると、

東海道線E231系

熱海では10:00発の静岡行きが連絡していますが、

その車両はオールクロスシート313系8000番台です!

静岡へは、313系8000番台が待っている。

こんな乗り継ぎで、列車の旅を楽しむ事も出来ます。

 

 

という訳で、今回はGSEはこね1号に初乗車の様子でした。

動画でもぜひご覧ください。

youtu.be

 

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


雰囲気のある、小田急江ノ島線善行駅南側のトンネル

こんにちは。

 

昨日に引き続き、仕事の合間に撮った列車たちです。

今回は、小田急江ノ島線善行駅付近。

 

善行駅は、藤沢駅から新宿方面に2駅のところにある駅で、

各駅停車のみが停車する小さな駅です。

善行駅東口

この駅のすぐ南側には、江ノ島線で唯一のトンネルがあり、

ホームからは列車が出入りする様子が近くで見られます。

 

善行駅南側にあるトンネル

そして、このトンネルの上からも線路を見る事が出来ます。

トンネルに差し掛かる3000形快速急行

週に1回程度こちらにやってくるのですが、

この日は少し空き時間があったので、

初めてここまで来て列車をみてみました。

駅を出てすぐのところです。

 

 

ここから駅に戻り、ホームから列車をみます。

やはり反対側のホームからみた方がよく見えます。

トンネルに入る3000形各駅停車

別の日に撮った、上りホームからの下り電車もあります。

 

雨の日の4000形です。

4000形快速急行

 

続いては、11時過ぎにいつも通っていた、

EXEαの回送列車です。

3月まで走っていた、EXEαの回送列車

ダイヤ改正後はこの時間のEXEαは走っていないようです。

また別の日に撮った物もありましたが、これも雨・・・

 

 

トンネルと反対側は、見た目かなり急な勾配になっています。

ここから登ったり降りたりする列車をみる事も出来ます。

 

白い8000形が上り方面から下りてきます。

電車に乗っているとそこまで急だと感じないですが、

 

善行駅に近づく8000形快速急行

 

駅からみると結構急に見えるんですよね。

 

善行駅に差し掛かる

そのまま駅を通過し、トンネルに入っていきます。

 

 

 

トンネルだけでなく、北側にある勾配を走ってくる様子もみられるという事で、

善行駅は魅力的な撮影スポットですね。

 

noritetsu46.hatenablog.com

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


移動の合間に、南新宿駅でMSEとEXEを撮影。

こんにちは。

 

セントラルライナーを見に行って以来、

遠征に行けていないので、

今回は仕事の移動の合間にちょっと撮影した列車をご紹介します。

 

 

今回は小田急線の新宿駅の隣・南新宿駅です。

 

特急や急行に乗っていると、「まもなく、新宿です」や

「特急ロマンスカーにご乗車いただき・・」とアナウンスが入る間に

通過してしまう駅です。

 

新宿の隣ですが小田急線で一番乗降客の少ない駅で、

実際に利用すると、常に閑散とした駅です。

 

代々木上原快速急行を降りて、各駅停車で向かいます。

南新宿駅

小田急3000形


この列車が行ってから、反対側から来たのが

MSE60000形です。

新宿駅を出るMSE60000形

新宿を12時に出るはこね55号です。

 

今やロマンスカーの主力。

地下鉄に直通するロマンスカーのイメージがありますが、

今はそれに留まらず、新宿~箱根間・新宿~御殿場間とマルチに活躍しています。

MSE=Multi Super Expressの名の通りの多彩な運用です。

 

noritetsu46.hatenablog.com

 

南新宿の駅はゆっくりと通過していきます。

通過の時は上り電車に隠れていまいましたが・・・

6両編成で、新宿方は貫通扉つきの先頭車

 

MSEの姿が見えなくなると、入れ替わるように上りの列車が姿を現します。

やってきたのは・・

やってきたのはEXE30000形でした!

箱根からきた、はこね52号です。

シルバーのEXEαに更新されたものが走っていますが、

こちらは更新前のブロンズカラーの方です。

南新宿駅を通過。

最古参のロマンスカーと最新鋭の通勤形5000形が並びます。

5000形と30000形の並び

新宿到着の準備をしながら、ゆっくり通過していきました。

 

箱根側先頭車は非貫通

 

次の電車が来るまでの10分ほどの時間のあいだでしたが、

良いタイミングで列車が来てくれました。

 

 

小田急線を今は週4回くらい利用していますが、

ちょっと途中下車をするだけでいろいろな電車が観られるので、

楽しくなります。

 

 

という訳で今回はこんな感じでございます。

次回も仕事の移動の合間の撮り鉄成果をお送りします。

 

 

YouTube始めました。東海道線や中央線から始めています。

小田急線も今後アップしていく予定ですので、

よかったらチャンネル登録お願いいたします。

www.youtube.com

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


静岡の元セントラルライナー、ホームライナー・グリーン車で行く東海道線の旅。今月の動画

こんにちは。

 

4月より、「子供の頃の鉄道好きが復活した」の

YouTubeチャンネルを開設しました。

主に東海道線・中央線とその周辺の路線を中心に、

そこを走る列車を取り上げています。

 

今回はそちらの動画のご紹介をさせていただきます。

 

 

名古屋から静岡にやってきた!元セントラルライナー313系8000番台

 

まずは、3月のダイヤ改正を機に、

静岡に転属してきた313系8000番台の動画です。

ほぼロングシート車の東海道線静岡地区の列車でしたが、

特別仕様の外内装が施された、転換クロスシートの快適車両が、

静岡地区の普通列車として運転を始めました。

 

動画では、熱海~清水間で実際に乗車した様子と、

313系8000番台で運用されている列車が走る様子をご紹介しています。

youtu.be

 

 

ホームライナーグリーン車で、特急東海号気分に浸る。静岡~東京の旅。

 

平日に限る旅ではありますが、

静岡を18時に出る「ホームライナー沼津4号」に乗車すると、

沼津で19:03発の上野東京ライン直通列車に乗り継ぎが出来ます。

この列車でグリーン車を利用すると、

静岡~東京まで、

新幹線を使わずにリクライニングシートのみを使って旅が出来ます。

その様子をご紹介しています。

youtu.be

 

 

東海道線グリーン車で行く。西湘の旅

 

こちらは東海道線大船~熱海間の乗車記&走行シーン満載の動画です。

観光にも便利で快適な、普通列車グリーン車に乗って、

熱海までご案内します。15両の長大編成が走る様子も満載です。

youtu.be

 

趣味でアップする感じなので、高頻度でとはいきませんが、

これまでに撮った動画を編集して、

少しずつアップしていきますので、

よかったらご覧ください。

チャンネル登録もぜひお願いいたします。

 

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村