子供の頃の鉄道好きが復活した

鉄道乗車記などを中心に書いていきます。

銚子に列車で。きゃりー電車と伊勢エビ天丼を楽しむ。

こんにちは。

 

先日、休みの日に千葉県の銚子まで、

電車で日帰り旅をしてきました。

 

 

 

東京からは特急しおさいに乗車し、1時間40分ほど。

トクだ値40で、東京からの特急料金が1,030円とお得でした。

255系特急しおさい銚子駅

銚子に列車で来るのは初めてで、

もちろん特急しおさい255系に乗るのも初めてでした。

銚子駅にある木樽

 

 

今回、銚子にやって来たのは、

海沿いにある魚介料理のお店で伊勢エビ天丼を食べるため。

以前から行ってみたいと思っているうちにコロナ禍になってしまい、

今回ようやく実行となりました。

 

銚子からきゃりー電車に遭遇

 

銚子駅から、さらに電車に乗ってそのお店に向かいます。

銚子電鉄です。

JRのホームの先に、小さな駅舎がありました。

銚子電鉄銚子駅



銚子電鉄の2000形

いつから走っているんだろうと思う位、とても古い車両でしたが、

車内に入ると、車内は大変なことになっていました。

車内は、お姫様のお部屋の中みたいに!

そういえば、何かニュースで観たなぁと思い出したのですが、

きゃりーぱみゅぱみゅさんとのコラボ企画で実現したようですね。

車内放送もきゃりーさんのアナウンスでした。

ファンの人にはたまらないですね。

 

森の中に入ると、こんな感じに。

 

この電車に乗って、途中の笠上黒生駅で下車します。

笠上黒生駅が髪毛黒生駅に・・

 



この駅から歩いて15分くらい、海に向かって歩くと、

 

 

今回目的のお店・一山いけすに到着します。

本当に海沿いにあります。

 

お店に到着。

 

平日の13時頃という事で、待つ事もなくすぐ入れました。

中に入ると、真ん中に大きないけすがあり、

カウンターがそれを囲んでいます。

いけすを観ながら食事が出来る。

 

おいしそうなメニューがたくさんありましたが、

せっかくここまで来たので、初志貫徹。

伊勢海老天丼を注文。

ぷりっぷりの伊勢エビがきれいに揚がっています!

 

身の大きな伊勢エビの天ぷらが3本と、

野菜のてんぷら(かぼちゃとピーマン、さつまいも)が入って

ボリュームたっぷりでした!

来た甲斐がありました。

 

お値段は2,700円くらいでしたが、

海産物なのでその時によって変動はあると思います。

 

 

お腹いっぱいにして、

また銚子電鉄に乗って戻りました。

帰りもきゃりー電車

 

帰りはしおさいではなく、”成田新幹線”で。

 

帰りはしおさいではなく、

普通列車で成田まで行きます。

房総地区ではまだ209系が主力。

成田までも1時間以上かかります。

ただ、特急しおさいはそんなに本数が無いので、

普通列車で帰った方が東京まで早く着く場合も多いです。

 

成田まで来れば、東京行きの快速列車が来るので、

グリーン車に乗って快適に帰れますが、

217系

今回は成田空港方面に向かって、

スカイライナーを使いました。

成田空港駅から、スカイライナーに乗る。

回り道をする感じではありますが、時間的には変わらないようです。

160km/hのスピード感を楽しめたので、良い選択だったと思います。

終点の上野まで乗車しました。

JR上野駅はすぐ向かいなので、ここまで乗ってもいいと思います。

 

伊勢エビ天丼と、乗り鉄を充分楽しめる一日でした。

帰りは特急おうめ号で帰宅。

 

 

 

ブログランキング参加中!

鉄道コム

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村